猫に煮干しはミネラル過多になるので注意

猫に煮干しは注意が必要

猫に煮干しは注意が必要

意外!猫に煮干しはミネラル過多になるので注意が必要な食材

「これは、意外!猫のオヤツの大本命とも言える、煮干し。実は、めちゃめちゃ危険な存在だった。」

 

煮干しと言えば、私達 人間は、出汁を取るのに使ったりしますね。
小さいものなら、ポリポリかじったりもいけちゃう、カルシウム不足解消にとカルシウム満点小魚。
ペット用品店などにも「猫用 にぼし」と、うたわれて売っています。
鰹節と同じ位猫のオヤツとして印象強い食材ですよね。
ペットフードにトッピングとして、入れている飼い主さんも多いはず。

 

尿石症の疑いが有る子は絶対にNG

煮干、健康によさそうと安易におやつにあげるのは危険。
にぼしの小さな体には猫に悪影響を与える天敵である栄養
「マグネシウム」、「リン」、「塩分」が多く含まれていて、ミネラル過多になってしまう。

 

そして、やはり心配なのは泌尿器疾患や腎疾患です。
尿管結石などの原因になってしまい大変。
小さいものを、オヤツに1つ程度ならカルシウム補給にも良いかも知れませんが、
おやつに大量にあげ過ぎたり、毎日の継続は、おすすめしません。
※尿石症の疑いが有るこは、問題になるので絶対にNG! です。

 

猫用にぼしなら安全?

人間用のにぼし、猫用のにぼし。
料理に使っただしがら

 

なんと、マグネシウムの量は
ほぼ変わらないんです。

 

猫のオヤツと書かれて売られているからといっても、パッケージの裏を確認して見る必要がありますね。
情報をしっかりと手に入れておかないと健康の為にと栄養満点の食品を与えているつもりが、
逆に嘔吐したり治療が必要な病気になってしまったりと大変。

 

もちろん猫は、大好きな煮干なので、ほしいほしいとねだって来ると思います
どうしてもあげると言う場合には、先ほども言いましたが1つだけなどルールを決めましょう。
不安であれば、自分で判断せずに獣医さんに相談するのもおすすめ。

 

意外!猫に煮干しはミネラル過多になるので注意が必要な食材

関連ページ

ちょっと待って!猫に牛乳はダメ。乳糖不耐症アレルギーの原因になる可能性あり
イメージ的には、猫が牛乳を舐める姿って かわいらしくて 、お店にもペット用牛乳なども売られています。しかし、猫は牛乳飲むと 下痢をしてしまったり 乳糖不耐症というアレルギーを引き起こしてしまう可能性があります。
猫はパン食べる?好きでも炭水化物のパンを猫に食べさせるのは危険
私達、人間にも「 小麦アレルギー 」などの食物アレルギーがあるように、もちろん猫にも食物アレルギーッコは居ます。例えば、新しいフードを与えてから、お腹の調子が悪くなったり、体毛が抜ける 身体を痒がる場合は要注意!です。猫に与えたら いけないものして「パン」などの穀物が有名ですが、案外 猫は欲しがるんですよね。
猫はアボカド食べたら中毒に!最悪死亡してしまうケースも
実は、キャットフードの中にはアボカドが入っているものがあるのですが、アボカドについては、まだまだ未解決な部分も多く、生で食べてしまった場合の致死量は?など ハッキリしないところが多いです。
猫が豚肉を生で食べるとトキソプラズマ感染症に!加熱・茹でたらOK
猫に生豚肉を食べさせると感染症にかかる危険があります。人間も豚肉は良く焼いて食べますよね?豚肉はビタミンB群が豊富なので、積極的に取り入れたい栄養を持っていますので、正しく加熱調理してあげましょう
猫が緑茶(カフェイン)を飲んだ場合の中毒症状について
とっても、身近な飲み物 緑茶。人間には、カテキンが、風邪予防になったり ダイエット効果があったりしますが、そのグラスに注がれた緑茶、猫が舐めようとしたら?カフェイン中毒を起こします。中毒症状は最悪の場合に死亡
猫に生肉あげるなら馬肉がおすすめ!生肉メリットデメリットまとめ
肉食系動物の猫に、生肉は あげてもいいの?気になる「トキソプラズマ」や「サルモネラ菌」は?猫と生肉の相性について。野性の猫ちゃんは、スズメやねずみなどを捕獲して………食べます。
猫がドッグフード食べると失明!?犬と同居の注意点まとめ
「猫と犬を一緒に飼っている おうちは注意!キャットフードと、ドックフードの大きな違いとは?」キャットフードには、猫に欠かせない栄養素の 1つである「タウリン」が必ず入っています。ですが、犬はタウリンを必要とはしません。なので、ドックフードには入っていないものが多いのです。